私のは黒クマ?青クマ?二つの違いについて説明します

今回は、クマの種類とその違いについてお話していきたいと思います。

クマの種類は、黒クマ、青クマというものがあります。
それぞれの特徴と、それぞれの違いについてまとめていきますね。

まずは黒クマです。
こちらは皮膚のたるみが原因で出来るものです。
加齢や何らかの理由によって目元の皮膚が痩せ、くぼんでしまい、黒くくすんで見えることが黒クマの特徴です。
皮膚のたるみ、目元のくぼみがあれば、黒クマだと考えて頂いていいと思います。
黒クマは皮膚そのものが痩せて影を作ってしまっているので、メイクのコンシーラーなどを使ってもカバーするのがとても難しいです。
治そうと思うあまり他のクマとの混合クマになってしまう場合もありますので、まずはそっとして目元を労わりましょう。

目元の皮膚が健康な状態であれば、ピンとハリがあり、ふっくらしています。
このふっくらさを保ってくれているのは、コラーゲンやエラスチンといった物質が柱となって支えてくれているおかげです。
ところが、加齢や何らかの現任により、コラーゲンやエラスチンが減少してしまい、柱となったそれらを失うと、ハリは崩れて皮膚はくぼんでしまいます。
くぼんだ皮膚は影を生みます。それがくすみとなって現れ、黒クマと呼ばれるのです。

続いて、青クマです。
こちらは血流が悪くなって出来るものです。徹夜の翌日眼の下が何やら青い…という経験、ありませんか。
下まぶたの皮膚はとても薄くデリケートなもので、血流が滞ってしまうと、その毛細血管が透けて見えてしまうのです。これが青クマです。
直接的な原因は冷えや睡眠不足、ストレスや眼球の疲れなどにあります。
女性はもともと冷えに弱いものです、冷え対策をしっかりすること、血流を良くすること、よく寝てしっかり栄養を取ることで青クマは出来にくくなります。
体の不調は目元に現れると考えてくださいね。

私のは黒クマ?青クマ?二つの違いについて説明しますの記事でもお伝えしましたが、黒クマと青クマとの根本的な違いは、皮膚のたるみ、くぼみ、皮膚やせが黒クマであるのに対し、青クマは血流の悪さであるということです。
皮膚が痩せて影を作るのが黒クマ、青クマとの違いは、毛細血管が透けてみえることです。

また、茶クマというものもあります。これは色素沈着が原因で出来たものです。

黒クマ、青クマ、茶クマ、というとなんだかかわいらしく聞こえますが、お肌にとっては大敵です。
それぞれの違いを把握することで、予防にもつながります。簡単な予防策についても書いておきますね。

黒クマはまずアイクリームなどで肌に栄養をいきわたらせること、顔全体のたるみ対策も取り入れ、内側からもしっかりケアしていきましょう。

青クマは体調管理に努めてください。血流をよくする温タオルや、ドラッグストアで売っている蒸気マスクもおすすめですよ。
食生活も見直し、発汗作用のあるもので体を温め、しょうがやスパイスなどを料理に取り入れましょう。

茶クマはとにかく色素沈着が原因ですので、こすらないで下さい。新陳代謝を活発にさせて色素を外へ出す手助けをする、美白化粧品を使用しましょう。

それぞれのクマの違いをしっかり見極め、それぞれに合ったクマケアをしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする