目元に黒い色のクマができちゃいました。治す方法が知りたいです!

今回は、目元に出来てしまった黒クマを治す方法についてお話していきたいと思います。

黒クマが出来る原因は、皮膚のたるみが主な原因だと言われています。
加齢や何らかの原因で皮膚が痩せてしまい、目元にクマのように黒いくすみが出来るものです。
これはメイクで使うコンシーラーなどでカバーすることはとても難しく、どうしてもくすみが目立ってしまいます。
血流が滞っているところへ自己判断でマッサージで治す方法などを試みられた事が原因で、黒クマ以外の他のクマとの混合タイプを発症されている場合もあります。
まずは、ごしごしとこすることや、目もとのマッサージなどは一切やめましょう。

皮膚がくぼんでしまう原因として、皮膚を支えているコラーゲンが減ってしまった事が考えられます。
コラーゲンを含む食べ物を多く摂取するようにしたり、サプリメントなどで補ってみるのもいいでしょう。
この際、ビタミンCを併せて摂取すると効果的です。コラーゲンを体内で生成するためにはビタミンCが必要になってきます。

皮膚がたるむということは、皮膚が重力に逆らえず、下に向かって垂れ下っている事が考えられます。
これは加齢がすすめば誰でも起こることです。
ですので、皮膚をリフトアップさせるためにリンパの流れをよくするように、デコルテや顎ライン、頬のマッサージをしましょう。
この際も摩擦に気を付けて、マッサージする際は必ずマッサージクリームを使って行いましょう。

表情筋を鍛えて、皮膚のたるみを治すのもとてもいい方法です。
口を「あいうえお」と順番に開けて体操してみましょう。
まずは大きく、かなり大きく「あ」と開けてみてください。声は出さなくてもいいですよ。
次は「い」です。横に伸びるのを意識しましょう。「う」の形のときは思いきり唇をすぼめて下さい。
「え」の時はかなり驚いたように。顔全体、目玉や頬も「え」のイメージを作りましょう。
最後は「お」です。気になる顎の下をしっかり意識しましょうね。
これを5回ほど行い、私は一日の時間があいたときに細かくやっています。表情筋が柔らかくなり、たるみがだいぶ取れました。
他にも表情筋のトレーニング方法は沢山ありますから、いろいろ検索してみると良いかと思います。

頭皮のマッサージも黒クマを治す方法としてとても良いと思います。
お風呂あがりなどのやわらかい頭皮に手をやり、指の腹を使って頭皮を傷つけないように頭皮を持ちます。
指の腹で円を描きながら上に持ち上げるイメージで優しくマッサージします。
ゴリゴリとして引っ張りづらい部分は、頭皮が凝っています。優しくほぐしましょう。
「気持ちいいいな」と思う範囲でやめておきましょう。痛いほうが効果があるという人がいますが、それは危険ですのでやめましょう。

黒クマを治す方法について色々ご紹介しましたが、やはり、アイキララというアイクリームが一番お勧めです。
特別なことはいらず、お風呂上がりのケアした後の目元にちょんちょんと塗りこむだけですので、負担も少なく、また安価ですので、どなたでもはじめやすい黒クマ対策化粧品かと思います。
ぜひ、アイキララについて調べてみてください。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする