まだ20代なのに黒クマに悩まされています。原因は一体何でしょう?

今回は、20代の方が悩まされている黒クマについて、その原因と解決方法についてお話していきたいと思います。

黒クマの特徴として、目元、特に目の下がたるみ、皮膚がくぼんでいることが特徴です。
本来は10代や20代の方には黒クマはあまり見られない症状だそうですが、なぜ黒クマが出来てしまったのでしょうか…。

食生活の乱れやダイエット、血流の悪さや冷え、青クマとの混合タイプなどを原因として考える必要があるかもしれません。

そもそも黒クマが出来る原因として、皮膚がくぼんで影が出来ることが黒クマの原因です。
目元の皮膚を支えているのは、コラーゲンとエラスチンという成分などです。
このコラーゲンやエラスチンなどは、ピンとしてハリのある目もとの皮膚を支えている柱のようなものです。
それが何らかの理由により減少し、ハリのある目元の柱が失われ、くぼんでしまうことが黒クマの原因です。
一度崩れてしまうと、なかなか自力での再生は困難です。

黒クマとよく似た症状に青クマがあります。こちらは血流が滞ることによって、皮膚の下の毛細血管が透けてみえることが原因です。

早速鏡を見て頂きたいのですが、黒クマだと思われるところはどのようなものでしょうか。
もし皮膚がくぼんでいるようであれば黒クマ、青みがかかって目の下にたるみ、くぼみがみられなければ、青クマです。
二つとも症状がみられるのであれば、それは黒クマと青クマの混合タイプです。

20代という若さで黒クマができてしまうというのは、ショックなものですよね。
私も経験がありますが、20代のころダイエットに精を出すあまり、目元に不調が表れてしまった事がよくありました。
おそらく20代の方の黒クマの原因としては、ダイエットのしすぎや血流が滞っていること、目元のマッサージやメイクのしすぎ、青クマとの混合タイプだと考えます。
大丈夫です、これから解決方法を書いていきますね。

まずは弱った目元をしっかり労わりましょう。
食生活にも気を付けて、三食バランスの良いものをしっかり摂りましょう。
体を温める効果のある生姜やシナモン、スパイスなども食生活に取り入れていくのも良い方法だと思います。
サプリメントで効果的なのは、コラーゲンとビタミンCです。これは黒クマでくぼんだ皮膚を再生する手助けになります。
血流を良くするために、目元に温タオルをあてたり、ドラッグストアなどで売っている蒸気マスクなども使ってみてください。
ダイエットは適度に行いましょう。過度な食事制限は、体だけでなく肌にもダメージが大きいです。
どうしてもクマが気になるという方は美容形成外科などで専用のサプリメントの処方や、コラーゲンの注射など具体的な治療法もあります。

個人的にお勧めなのはアイキララというアイクリームなのですが、こちらは黒クマ青クマに効果があります。
くぼんだ皮膚に効果があるビタミンC誘導体がコラーゲンの生成を手助けし、また手間もかからず、洗顔後ケアをしたお肌につけるだけです。
とても使いやすいので、おすすめの候補の一つです。

20代の方で黒クマにお悩みの方に向けた記事でしたが、いかがでしょうか。ご参考になれば嬉しく思います。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする