優秀だからつい気になる、アイキララの副作用について教えて下さい!

デリケートな目もとに使うものだからついつい気になるアイキララの副作用についてですが、今回は副作用のある成分が入っているかどうかについてお話していきたいと思います。

アイキララですが、植物由来の成分で出来ています。
着色料、保存料、防腐剤は一切使用していないそうです。
着色料や保存料による副作用も少し心配ですし、防腐剤も菌を防ぐためには良いですが、過ぎれば副作用が心配になるものです。
まずはこの点での副作用の心配はいらないと思います。

そして、公式サイトにて、アイキララに使用している全成分を公開されています。
アレルギーをお持ちの方は公式サイトをご確認いただくか、事前にお問い合わせ下さい。

成分の中にアンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、というのを見つけました。
アンズの核のオイルはシミ、シワ、イボに対して有効なオイルで有名です。
アボカド油はオレイン酸が豊富でも抗酸化作用が高いものですね。
カニナバラ果実油、とはローズヒップの油だそうです。ローズヒップはビタミンCが豊富ですし、美白効果が期待できます。
ヒマワリ種子油もオレイン酸が豊富で、抗酸化作用が高く、新陳代謝を促す作用が期待できます。

ざっと見ましたところ、肌の状態は人それぞれですが、含まれているそれぞれの成分にアレルギーをお持ちの方か、敏感肌の方でなければ副作用なくお使い頂けるものだと思いますが、いかがでしょうか。

ご使用前に成分一覧を公式サイトから確認していただくことと、気になったらお問い合わせいただくこと、使用する際、二の腕の内側などの柔らかい所に少しつけて時間をおき、異常がないかどうか見るパッチテストを行って下さいね。

防腐剤が含まれていないということですので、副作用の心配はないかと思いますが、製品自体の変質を防ぐために、高温多湿の場所は避けておかれるのが良いかと思います。
また、雑菌が繁殖しないよう、常に清潔な手で使用するようにして下さい。
防腐剤が含まれていませんので、早めに使い切ってしまいましょう。

商品到着後25日以内でしたら、全額返金保証システムの期間内ですので、遠慮なく公式サイトに申し出て下さい。
返金口座を指定の上、アイキララ本体が入っていた箱を指定の住所に送付し、手続きが完了次第、支払ったお金が全額口座に返ってきます。

いくら着色料や保存料、防腐剤が配合されておらず、植物性由来の安心な成分で出来ているとはいえ、体質は人それぞれです。
アレルギー反応が出たり、違和感を感じられる人が少なからずいらっしゃるのは仕方のないことです。こればかりは相性ですので。
どんなに黒クマに効果があっても、違和感を無視して使い続ける事はできませんし、そのような使い方はお勧め出来ません。
もし使用していて皮膚に異常が感じられたり、かゆみ、はれ、赤みや痛みを感じられた時はすぐに使用を中止し、ぬるま湯で洗い流して、最寄りの皮膚科へ行きましょう。

ぜひ、無理なく安全に、副作用に悩まされる事なくアイキララを使用して下さいね。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする