目元に出来た黒クマ、アイキララで自分で落とす方法があるって本当?

今回は、目元に出来る黒クマにアイキララが効果があるのかどうかについてお話していきますね。

黒クマって何だろう?とお思いの方もいらっしゃると思いますので、まずは黒クマについてお話していきます。

黒クマとは、皮膚のたるみが原因で目元がくぼみ、黒くクマのように見えるくすみのことです。
骨格的に眼の下がくぼんでいる人、痩せている方などはこのように見えやすく、お悩みの方がとても多いそうです。
メイクをしてもコンシーラーなどではカバーすることが難しく、他のクマとの混合タイプの方も見られます。

通常、健康でピンとハリのあるお肌がはコラーゲンやエラスチンなどの細胞がぴっちりと細かく配置されており、その細かな配置のおかげでくぼまずピンとしたハリのある状態を保っています。
しかし、加齢や何らかの原因で痩せてしまった肌は、ピンと肌を張っているはずのコラーゲンもエラスチンも減ってしまい、中がすかすかになっていて、ふっくら感が完全に失われてしまうのです。
これが、皮膚やせです。主にコラーゲンが失われることで、保っていた皮膚の中の栄養が流出してしまって、皮膚がしょんぼりとしぼんでしまい、痩せてしまうのです。

まず皮膚がやせると薄くなってくぼみや影が出来やすくなります。
目もとの皮膚というのは、数ある人の体の皮膚の中でも最も薄く、とてもデリケートな部分になっています。その薄さは僅か0.5mmぐらいです。
もともとの皮膚が薄いので、皮膚やせの影響を受けやすく、もっとも悩みが悪化しやすいところです。
その皮膚の薄さのせいで、肌の色、肌の健康状態がとても見えやすいのです。
これが、黒クマのすべてです。

人によってはコラーゲンを直接黒クマへ注射してぷっくりさせる方もいらっしゃいますが…まずはアイキララを使ってみてください。

アイキララにはMGAというビタミンC誘導体の一種が配合されています。
このMGAが、加齢で失われたハリと弾力を覚醒させることで、目元のふっくらと若々しい印象を取り戻すアプローチとして期待できます。
MGAにはコラーゲンをサポートする働きがあります。
体内でコラーゲンが生成されるときにはビタミンCが必要不可欠なものです。MGAというビタミンC誘導体にも期待がわきます。

皮膚やせは主にコラーゲン、エラスチンが失われることで皮膚の中の栄養が流出することだと書きましたが、アイキララはコラーゲンをMGAがサポートすることで、皮膚の中がすかすかになることを防ぎます。
そしてコラーゲンの持つ栄養素を肌内部にしっかり留める働きのおかげで、見ただけで健康的な目元の肌色を取り戻すことができます。
このようにして失われた肌のハリが完全に満たされると、充実した肌は健康的に見えるだけではなく、ツヤが生まれて、いきいきとした肌になります。
これを繰り返すことにより、肌の内側からどんどんと新しい肌が生成されてゆき、美しく新しい肌へと生まれ変わっていきます。

少し難しい言葉が続きましたが、アイキララは上記の点からも、お悩みの黒クマに直接働きかけ、黒クマが出来ている部分の再生を促す効果がある商品だと思います。
ぜひ、お手にとってその効果を体感してみてください。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする