アイキララを使ってもうすぐ3日。効果がでるまで期間はどのぐらい?

アイキララを手にとって使ってみたけれど、どのぐらいの期間で効果が出るのか知りたい、という方にお勧めの記事です。

まずはアイキララを手にとってお悩み解決の第一歩を踏み出されたのですね。
黒クマ、青クマ、茶クマや目元のたるみなど、さまざまなお悩みでアイキララをご使用されていることと思います。

結論から申しますと、アイキララは使ってすぐには効果は出ません。
なぜかというと、それは弱った目元にあります。

目元の皮膚がやせてしまったり、黒くくすんで見える理由には、目元の血流が滞っていることもあげられますが、皮膚やせが大いに考えられます。
健康でピンとハリのある肌の中身についてお話しましょう。
しっかりとハリのあるやせていない肌の中身は、コラーゲンやエラスチンなど、肌を支える大事な細胞でしっかりと中が満たされています。
ところが、加齢や何らかの理由が原因で皮膚を支えているコラーゲンやエラスチンが減少してしまい、中がすかすかになってそこがくぼんでしまうのが、目もとのお悩みの原因です。

まずは目元の血流を良くし、失ってしまったコラーゲンやエラスチンなどを元の状態に戻さなくてはなりません。
ところが、体内でコラーゲンを生成するためには、ビタミンCが必要です。
そこで、アイキララに含まれているMGAというビタミンC誘導体の力を借りてコラーゲンの生成を助け、目元のハリを再び取り戻そうとしているのです。
くぼんでしまった部分をもう一度建築しなおしていると言えばいいのでしょうか。
それにはやはり、1日や3日という短い期間では元通りになるとはいえません。

しばらくしてやっと目元のハリが戻った!くすみがとれた!効果が出たんだ!と喜んでアイキララを使うのをやめてしまったら、またクマが出来た…というお声もよく聞きます。
それはようやくコラーゲンとエラスチンなどが頑張って、崩れてしまった皮膚をもう一度新しくツヤツヤでハリのある皮膚に建て直したのに、アイキララというサポートを失い、支える力がなくなって崩れてしまったんだと思います。

まずはお悩みがなくなった、効果が出たと思っても、もう少しの期間、がんばって使ってみて下さい。
まずは一か月使ってみましょう。肌のお悩みがとれ、元の状態に近付いて戻っているはずです。
もうひと押しがんばりましょう。特別なことがいらず、普段のケアに少し手を加えるだけの簡単なものです。苦労はあまり感じないはずです。

一体どの位の期間使えば効果が実感できるの?というお声が耳に聞こえたような気がいたします。
ずばり、はっきりお答えしますと、最低2か月から3か月です。

そんなに?というお声が聞こえたような気もいたします。

肌が長い期間をかけて崩れてしまったものを、アイキララを使ってもう一度修復しようとしているのです。
家に例えたら、崩れてしまったものを、もう一度柱やレンガを用意して、よいしょ、よいしょと組みなおしている状態です。
とても安価で安全で、有効な成分が含まれているアイキララは、目元のお悩みを消す一番の近道だと私は思います。
ぜひ、短い期間で諦めてしまうことなく、アイキララの効果を実感して下さいね。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする